津端ありさのプロフィール戦績がヤバイ!身長や出身高校・勤務病院は?

女子ボクシングで今注目となっているのが津端ありさ選手です。

2021年東京オリンピックのボクシング種目に出場できるのではないか?と期待されている選手です。

津端ありさ選手は他の選手と比べ、かなり異例のプロフィールをお持ちの人物です。

津端選手の詳しいプロフィール(ボクシング戦績・身長・出身高校)や、現在看護師として勤務している病院などについて知りたいですよね?

オリンピックを目指す選手の中でも特に注目されている津端ありさ選手のプロフィール(戦績)についてまとめました。

津端ありさのプロフィール

津端ありさ選手のプロフィールを以下にまとめてみました。

衝撃の経歴をお持ちの選手なので、今からどんどん注目される選手だと感じます!

名前:津端ありさ

生年月日:1993年6月9日(27歳)

出身地:埼玉県所沢市

身長:171センチ

階級:ミドル級

職業:看護師

まさかの看護師とボクシング選手の両立している方です!

これを知った時はただただ驚きました^^

とても志の高い選手だと感じました。

ボクシングを始めたきっかけは?

津端ありささんがボクシングを始めたのは25歳のときで、きっかけは「ダイエット」目的だったとのこと!

勤務体制が不規則である病院勤務だからでしょうか?

80キロまで増えてしまった体重を落としたいと思い、埼玉県所沢市にあるボクシングジム「コサカジム」に通い始めたとのこと。

ダイエット目的で始めたボクシングなのに、どんどんボクシングの魅力にハマっていき、ボクシングを本格的に行うことになったと語っています。

ボクシングの魅力について津端選手は「」とテレビで語っていました。

津端選手は身体能力も高くセンスもあること、そしてコツコツと毎日努力した結果…ボクシングを始めてわずか2年あまりで好成績を収め日本代表候補入りを果たしました!

ボクシングを始めたきっかけがダイエット目的とは…笑

人生なにがきっかけで大きく変わるか分かりませんね。

出身高校は?バスケをしていた?

津端ありさ選手の出身高校は入間向陽高等学校と、自身のFacebookで公開しています。

高校時代はもちろんボクシングはしておらず、171センチという高い身長を生かしバスケをしていました。

スポーツ歴はバスケしかしておらずボクシングの世界に飛び込んだ津端ありさ選手ですが、バスケで培ったバランス力や持久力が役に立っているのではないでしょうか?

ボクシングだけでなく、バスケットボールをしている津端選手も見てみたいですよね。

津端ありさの戦績について

津端ありさ選手の戦績は2019年全日本選手権1勝(優勝)・2020年オリンピックアジア・オセアニア予選出場のみとなっています。

2019年の全日本選手権では右ストレートで一発KOで優勝したとのこと!

トレーナーによれば迷いない、力強いストレートパンチだったとのことで、世界に津端ありさの名が知れ渡った瞬間でもあります^^

 

オリンピックアジア・オセアニア予選はミドル級の選手がおらず、他の国の選手とスパーリングのみ行いました。

なぜ戦績がこんなに少ないのか…?と不思議に思う方も多いかと思いますが、その理由は津崎選手の階級が関係しています。

津端選手は選手層が薄いと言われる女子重量級【ミドル級】(69~75キロ)ですので、そもそも日本やアジアのミドル級女子選手が少ないというのが戦績が少ない理由として挙げられます。

以前女子ボクシングで活躍していた南海キャンディーズのしずちゃん(山崎静代)と同じ階級(ミドル級)で、しずちゃんもボクシング時代は対戦相手がおらずに戦績が少なめだった過去があります。

⇒しずちゃんのボクシング戦績はどのくらい?津端選手よりすごかった?

しずちゃんのボクシング戦績がヤバイ!始めたきっかけや引退理由も

ミドル級の選手が少なくても、オリンピック種目にはなっているので津崎選手がオリンピックに出場できる可能性は高いと言えますね。

津端ありさの勤務病院はどこ?

津端ありささんは専業のボクサーではなく、看護師をしながらボクシングを極めているというツワモノであることが判明しました。

津端ありささんは現在、西埼玉中央病院に勤務してるとのことです。

西埼玉中央病院の場所はこちらです。

【住所】
〒359-1151
埼玉県所沢市若狭2丁目1671

西埼玉中央病院は国立病院ですので比較的大きい病院だと言えます。

津端ありささんは2020年9月現在、西埼玉中央病院の呼吸器外科で勤務しており、日勤だけでなく夜勤もこなしながらボクシングをしています。

病院勤務の津端ありささんの患者さんからの評判はというと…

「とても明るく素敵な看護師」という噂で、同僚や後輩からは「仕事が出来て頼れる看護師で、いつも仕事に全力だ!」という証言がありました。

看護師のお仕事だけでもかなりハードワークなのに、その上ボクシングまでも…

かなり意識が高いボクシング選手と言えますね。

自分がボクシングで怪我をしたら、自分で処置をしているのでしょうか?

本業が看護師の津端選手ですので、処置も手際よく行っていそうですよね。

看護師とボクシングをどうやって両立させてる?

専業でボクシングをするのも難しいのに、看護師とボクシングを両立させているってどんな生活をしているの?って気になりますよね!

9/2放送のスッキリで、津端選手の生活リズムについて本人が話していた内容をまとめてみました。

■看護師の仕事が日勤の時

7:00起床

8:30~17:15勤務

19:00~21:30 練習

21:30~24:00 夕食や家事

24:00就寝

津端さんの職場の後輩によると、仕事が終わると「今からボクシング行ってくるね♪」と明るく言うそうで、この人には叶わないよなぁーといつも思っているとお話されていました。

通常勤務の後にハードな練習…。

考えただけで吐き気がするのはわたしだけでしょうか…w

続いて夜勤の時の津端選手のタイムスケジュールは次の通りです。

■看護師の仕事が夜勤の時

8:00起床

10:00トレーニング2時間
※本業に支障が出ないように、夜勤前に体づくりのためのフィジカルトレーニング中心

12:00昼食

14:00仮眠(1時間)

17:00 夜勤勤務

翌日

9:30夜勤終了

帰宅し睡眠をとる

17:00練習を2時間半

19:30~22:30就寝

夜勤に支障が出ないようにと、夜勤前にフィジカルトレーニングを2時間行っている津端選手…。

わたしだったらかなり仕事に支障が出るトレーニング量です…。

主にコアトレーニングなどを行っているようで、これは精神力が強く「やってやろう!」という気持ちが人一倍強くないと出来ない生活だと感じました。

津端ありさ選手は本業の看護師の仕事も、ボクシングも全力で取り組んでいることが世間から評価されているのではないでしょうか?

ぜひ2021年開催の東京オリンピックに出場して活躍してほしい選手ですよね。

応援したくなりました^^

まとめ

ボクサーの津端ありさ選手についてまとめました。

津端選手は看護師とボクシングを両立している珍しいボクサーで、東京オリンピックに出場できるのではないかと期待されている選手です。

これから応援していきたいと思います!

雑談なのですが…津端選手はなんとハーフの方って知っていましたか?

そう言われてみると少し日本人とは違う一面も垣間見える気がします。

日本とどこのハーフなのか?

以下に詳しくまとめましたので、よかったら読んでみてくださいね。

 

© 2020 Nijiブロ Powered by AFFINGER5